記事の詳細

代々木個別指導学院は首都圏を中心におよそ50教室を展開する個別の学習塾になります。個別の学習塾にもさまざまな理念がありますが、代々木個別指導学院は生徒本位のシステムを軸にしています。生徒に問題を見つける能力やその問題を解決する能力を身につけさせます。これにより、自分で考える力が身に付くのです。このような指導をしている学習塾は珍しく、その独特の理念は現代において注目され、マスコミにも取材をされるほどです。
代々木個別指導学院の授業について見てみると、生徒が分からないという問題があったとしても講師はその答えを教えることはせず、まずは自分で考えさせる教育をしています。普通の塾では分からないと、すぐに講師が説明を始めますが、生徒からすれば自分は説明を聞いただけで考える力が身についたとは言えません。ですが、勉強自体は自分で考えて答えを出すという問題解決能力が大事であって、問題の答えを知ることは其れ程大事ではないのです。
自分で考えて答えを出すことは、勉強の成績を伸ばす意味でも大事になりますが、社会に出てからも大いに役に立ちます。社会に出るとさまざまな仕事上の問題や家族の問題を抱えます。しかも、答えがないことが多いため、自分で考えて問題解決する能力を身につけておかなければなりません。
このように、代々木個別指導学院では生徒本位のシステムで生徒自身が考える力を身につけることで、社会に出ても役立つような教育システムになっています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る