記事の詳細

株式会社徳の買取サービスでも扱っている、プラチナ。実はプラチナは金よりも量が少なく、とても希少価値の高い金属です。宝飾品として利用されていますが工業用としての利用も多く、近年は資産用としても注目されています。
プラチナははるか昔、地球に飛んできた隕石に含まれていた金属といわれています。そのため、採掘量が限られているのです。世界のプラチナの年間供給量はおよそ200トンで、これは金の19分の1といわれています。いたるところで様々な金属が使われていることを考えると、200トンという数字がどれだけ小さいかがわかりますね。
プラチナは日本では採掘されず、90パーセントほどが南アフリカとロシア、北米の限られた場所でしか供給されていません。一度に採れる量も限られています。
もしプラチナを持っていて買い取ってほしいという方がいたら、ぜひ株式会社徳をご利用ください。市場規模が小さいため価格が大きく変動することがあるため、今現在の価値をしっかり査定してもらえます。このような特徴があるため資産保全だけでなく、投資素材としての魅力をもった貴金属といえるのです。
プラチナの利用は半分以上が工業用としてで、装飾品や投資用に所持していられるのはとてもラッキーなことです。しかし様々な状況や事情によって手放すことになる場合もあるでしょう。その時の正しい価値を知るためにも、プラチナを買い取ってもらう場合は株式会社徳の利用をおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る