記事の詳細

株式会社徳では様々な不要品の買取サービスを行っています。取扱商品には骨董品もあり、家の中で眠っている価値がわからない骨董品でも、専門スタッフによって正しく査定してもらえます。
骨董品とはそもそも、希少価値のある古い美術品や古道具のことを指します。フランス語ではアンティークと呼ばれますが、そちらもよく知られた呼び名です。あくまで古いことと希少価値が高いことが重要であり、ジャンルは問わないというのが基本のようです。つまり、古くて希少価値が高ければ、日用品でも、子どものおもちゃでも、食器でも、文具でも、すべて骨董品としてみなされます。
骨董品に似せて最近作られたものは、レトロと呼ばれます。レトロの場合そうしたデザインであり大量生産されていることがほとんどなので、希少価値はあまりありません。骨董品と判断するには「昔作られたものである」という要素が欠かせないので注意してください。
日本ではよく骨董市などが開催されています。いわば骨董品のフリーマーケットです。何気なく購入した骨董品が実は有名な作者の隠れた作品だったということもあります。そうした掘り出し物を探す楽しみがあるのも、骨董品の魅力だと思います。
しかし集めすぎて置く場所がなくなってしまったという方や、貰い物があるけれど興味がないからどうしたらいいかわからないといった人は少なくないでしょう。骨董品の買取サービスはそうした人のためにあるのだと思います。
株式会社徳のサービスは利用しやすくメンバーズ特典なども充実しているので、誰でも気軽に買い取ってもらえるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る