記事の詳細

株式会社徳が買取を行っている品物は数多くありますが、その中には宝石も含まれています。
宝石と呼ばれる条件として、美しいこと、耐久性があること、希少度が高いことの3点が挙げられます。これらすべてに該当する鉱石を「宝石」と呼び、いずれか1点でも欠けると価値が低くなるといわれています。
また、同じ鉱物でもすべてが宝石になれるわけではありません。たとえば宝石の代表格としてダイヤモンドが有名ですが、ダイヤモンド一つとっても工業用に使われるものからジュエリーに使われるものまであり、同じ鉱物でもすべてが宝石として使われるわけではないことがわかります。ダイヤモンドの場合、品質を決める要素としてクラリティ、カラー、カット、カラットの4Cがあります。先ほど挙げた宝石と呼ばれる条件のうち美しいことと希少度が高いことはこの4Cに含まれます。
宝石を持っている人は多いかもしれませんが、その価値を正しく判断できる人は少ないでしょう。もし家に宝石があり、もう使わないだろうということであれば、ぜひ一度株式会社徳の出張買取をご利用ください。ベテランの査定員がしっかり見て、今の価値を教えてくれます。
品質がそろった天然物の宝石や、希少度の高い宝石はダイヤモンドより価値が高くなる可能性があります。もちろんダイヤモンドも価値の高い宝石です。ジュエリーとして使用しなくても宝石を集めている人は少なくないので、様々な場所に需要があります。
今持っている宝石の価値を知りたいという人にも、株式会社徳の利用をおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る