記事の詳細

グローバル化が進んだ今日、多用な価値観を持つ時代に適応するためには、「変化に対応できる柔軟性が必要」「不断の努力によって自分を磨くことも忘れてはならない」と田中英寿理事長は話す。
才能や素質を持っていても学問や修練を積む必要があり、視野を広く持ち、社会の変化を敏感にとらえ適応していく柔軟性、そしてそれを身につけるため常に努力を続けていく継続性が大切ということだ。

日本大学が目指す教育
日本大学は120年余の歴史を誇り、創立以来、進取の精神で大学教育・研究をリードし続けてきた。その理念として掲げるのは「自主創造」であり、日本人としての主体性を認識し、その上でグローバリゼーションに対応できる世界的視野で物事を捉え、それぞれが学ぶ領域や活動体験を生かし「自主創造」の気風に満ちた人材の育成を目指している。

日大人の育成
日本を担っていく学生を育てるために、日本大学は養成すべき人材像として「自主創造型パーソン(日大人)」を掲げている。自主創造とは自ら考え、自ら学び、自ら道を拓く精神のことであり、自分から積極的に他の社会に関わっていく活力ある人間を育てるという意。そういいた日大人を育てるためには、斬新な発想を育む自由闊達な「学びの場」が必要不可欠。将来の目標設定や学びの意識付けすることを目的とする全学共通教育「自主創造の基礎」をという場を開催し、自立型人材の育成を行っている。また、分散型キャンパスを考慮した「教養教育プログラム」を構築して、基礎的な学問分野の修得と学生のコミュニケーション力を高める仕組みを構築した。

多様化した現代に対応するために
ITの深化、技術革新など、社会に出ると多種多様な問題に対応していかなければならない。日本大学は文系、理系、医歯薬系などあらゆる学門分野を網羅する総合大学であり、その特長をフルに使うことで、自分が学ぶ専門分野のみならず他分野の知識・教養を修得できる環境が整っている。常に高い志をもち、気概あふれる学生生活を送る中で身に着けた知識・教養力は実践社会での大きな武器となるばかりでなく、学生の一生の財産となる。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る