記事の詳細

株式会社徳では、切手の買取も行っています。「買い取ってもらうほどの価値があるの?」と思われる方もいるかもしれませんが、古切手一枚に何万円もの価値がついたという話も珍しくはないのです。今でこそ流通数は減少しましたが、1970年代には切手ブームが起き、老若男女問わず切手収集に夢中になる人が続出しました。それだけ大切に扱っていた時代もあったというのは意外ですよね。
では、どのような古切手だと高価になりやすいのでしょうか。
1970年代のブームのころはコレクター同士で活発に交換や売買がされていましたが、現在は株式会社徳のような専門の買取店や、金券ショップでの買取が中心です。もちろん査定スタッフの方は豊富な知識を持っているので、それに基づいて正確に素早く査定を行ってくれます。
価格は、収集ブーム以降に発行されたものはいわゆるプレミア切手のように一枚で何万円もの価値がつくことは少ないようです。反対に、ブームのころに多く収集されていた記念切手は、高価になりやすいです。記念切手とは、何かの企画に基づいて期間限定で発売される切手のことです。もちろん郵便はがきに貼って使うこともできますが、当時の多くの人はコレクション目的で購入していました。現在発行されていないため、記念切手も古切手の一種といえます。
高価な買取を期待するなら、上記の「ブーム以前に発行された記念切手」です。
ブームのころに比べると価値は下がってしまいますが、発行された期間が短かったり、発行された枚数が少なかったりすると比較的査定価格は上がるようです。
また、状態も大切です。日に焼けて色あせてしまっている切手は価値が下がるので、これから収集する人は状態を保つことも考えてください。
もし昔切手を収集していて手放そうと考えている方は、そのまま処分してしまうのではなく一度株式会社徳などで査定してもらうことをおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る