記事の詳細

宝石の魅力とは何でしょうか?
科学がこれだけ進歩した現代でも、人間の形成された起源が解明できないように、宝石がどのようにして形成されたかも、推測理論として言えてもその生まれは分かりません。
つまり、人間も宝石も自然界が創り出した神秘ということになります。
この観点から宝石を考えてみると、人間と宝石の間にいくつかの共通点があることに気付きます。宝石の魅力を決定する要素には、色、形、輝き(ラスター)の三つがあるといわれています。
これを人間と比較してみると、色は血色、つまり健康に、形はプロポーションや顔立ちに、輝きは思想や教養にたとえられる。
無機物である以上全く関係のない存在と思われる宝石ですが、少し見方を変えるだけでこんなに共通点を見出すことができます。
ジェムケリーといった宝飾品専門店は日本中に数多くありますが、そんな宝石の魅力をあますことなく伝えてくれます。
見た目の美しさだけでなく、このような共通点があるからこそ魅力的なのではないでしょうか。
人間に今述べた三つの要素を全て満たした人が先ずいないように、宝石も三つの要素を完璧に備えた石はとても少ないです。
しかし、一つの要素が非常に優れていてあとの二つの要素をカバーしてあまりあれば、その石は魅力があると言えると思います。
ただ、この三つの要素の中では、形のよさよりも色、輝きの方が大切である。これもまた人間と同じだと思います。
ジェムケリーでアクセサリーを見ていてふと疑問に思ったことをテーマにしてみましたが、考えれば考えるほど宝石の世界は深いのかもしれないと思いました。
アクセサリーや宝石といった存在は、実は私たちに欠かせない存在なのかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る