記事の詳細

1月1日に厚生労働省が発表した平成26年の出生数は、前年比2万9,000人減の100万1,000人。人口千対の出生率は8.0(推計値)。いずれも過去最少を記録していた。少子高齢化と言われ続けるなか、日本の子育て環境は多方面においてまだ不十分と言わざるを得ない。そんな中、家庭教師のファミリーは子供たちの幸せと成長を真摯に願っている会社のひとつである。
家庭教師のファミリーでは、教師が指導状況や指導内容を、毎月サポート本部に報告し、不具合や問題が発生した場合は、迅速に対処・改善を行うことができる体制を取っている。そのため、教師・家庭・家庭教師のファミリーが三位一体となり、生徒一人ひとりの成長に寄り添うことができる。状況を正確に把握しているので、個別サポートも可能だ。その子にとって最適な学習方法・学習内容を提案し、目標達成へと導いている。

また、少子化にはなっているものの、1人に掛かる費用は平均して約3,000万円と言われている。かわいい子供のためなら、と思いつつも、あまり費用をかけたくのが親の本心であろう。その期待に応えてか、家庭教師のファミリーでは月謝以外の費用は一切掛からない。入会金・教師選考料・受験対策費など入学にかかる費用、月会費・管理費・通信費など毎月かかる費用、年会費・更新費など毎年かかる費用、テスト代などの教材費、これら全てが家庭教師のファミリーでは無料である。(※入会時に、月謝1ヶ月分の金額を保証金として預けるが、退会時に全額返金される)
月謝についても、月4回 8,000円(税別)から1回の授業時間や週回数について様々なコースがある。生徒の学習状況や目的・目標に合わせて、最適なコースを学習アドバイザーが提案する。また学年が上がることによって、月謝が変動することも心配の一つだが、家庭教師ファミリーではそのようなこともない。

家庭教師そのものに不安を覚える方も多いと思うが、事前に申し出れば体験授業を受けることも可能。初めてで不安という方、迷っているという方に関しても、ファミリーの家庭教師や指導方法を直接体験し判断することができるだろう。
ますます子供を育てることが難しくなってきた日本で、家庭教師のファミリーの制度は子供にも親にも優しい制度と言えるだろう。まずは体験授業を受け、そこから考えてみてもよいのではないか。
詳しくはHPで。(http://www.nobiru.jp/)list_392

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る