記事の詳細

最近では地域のつながり、結束が弱く、隣近所に興味のない、淡々としたご近所関係が多くなっていると言われています。隣に住んでいる人の顔も知らないという人も少なくありません。

こういう状況で多く発生するのが、泥棒などの犯罪です。住宅密集地でも、となりの人とのつながりがない現代では、侵入罪などの犯罪件数が伸びており、問題になっています。さらに、日本全体で進んでいる高齢化社会も大きな問題です。高齢者の方が隣近所との接点がなく、地域とのつながりもない中で、犯罪に遭遇してしまうことも増えています。

このような時代背景をもとに、メノガイアでは地域の結びつきを防犯機器・防犯システムで強めていこうという取組を始め、現在も続いています。高齢者の方なども安心して暮らせる地域社会、子供たちにとっても安心して過ごせる街づくりを目指してメノガイアではセキュリティーに注力しています。それが、「MGセキュリティシステム」です。

MGセキュリティシステムは、地域内で見守り助け合うコミュニティ完結型セキュリティで、プランや目的に応じて多彩に拡張でき、安心・安全な防犯システムを実現できます。

たとえばライフサイレンという機器を玄関に取り付けることにより、不審者の侵入を音と光で知らせるだけでなく、外から見た時の予防防犯にもなります。

また、通報先とのハンズフリーの通話が可能なオートコントローラーも人気です。オートコントローラーが異常事態を感知すると登録しておいた8か所に自動通報をしてくれ、電話を通じて異常事態を音声で確認できるため、家にいなくても早々に警察などへの通報が可能になります。この二つを駆使して最新のセキュリティシステムで安心した暮らしを実現できます。

このような取り組みで犯罪の防止効果、犯罪が起きた時も早急に対応し、検挙できるような安心な住環境を叶えてくれます。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る