記事の詳細

今日は、元祖HMVファンの皆様に朗報が!!!✨

昨日19日に、渋谷の旧マルイシティ渋谷が全館改装し、ライフスタイル提案型の商業施設「渋谷 MODI」がオープンしたのはご存知ですか?

「知的好奇心旺盛な大人が時間消費を楽しむ場所」となることを目指し、
建物は地下1階から地上9階まで、
「アパレル/雑貨」・「書籍/DVD」・「カフェ」・「レストラン」がフロアごとに構成され、全55店舗が出店しています。

ミラノ発の老舗ピッツェリア『ピッツェリア スポンティーニ』の日本1号店や、
シドニー発祥の日本上陸のパイ専門店『Pie face』なども入っていて早速大注目なのですが・・🍕

その中でも特に注目なのが、、そう!!
渋谷に約5年ぶりに復活するHMVの新業態「HMV&BOOKS TOKYO」なんです!🎧

取り扱い商材は、大まかに「CD・DVD」「書籍」「雑貨・グッズ」の3点。
市場環境の変化で苦戦が強いられている商材ですが、
ローソンHMVエンタテイメントは、売り場を工夫した新業態で顧客獲得に挑もうとしています。

渋谷からHMVが消えたのは2010年11月のこと。
もう5年も前なんですね・・。当時の私は大きくショックを受けたのを覚えています。
かつては、タワーレコードとともに渋谷のシンボルともいえる存在でしたが、
CD販売の落ち込みに抗し切れず、撤退してしまいました😖

もともとは英HMVの日本法人が運営していたHMVでしたが、運営元が移り変わり、渋谷店の閉店後に、ローソンが買収。
子会 社化してローソンHMVエンタテイメントになったという経緯があります。

*■売り場の工夫*

新天地でどうやって売るのか―・・その秘密のひとつは売り場にあります。
商材ごとに専用エリアを設ける従来のような売り方はしません。
CD・DVD、書籍、グッズを関連性の高いものにまとめて売り出します。

例えば、レシピ本。その周りには、調理グッズがあり、料理の最中に聴きたくなるようなCDが置かれます。
その為、本来は書籍が置かれる棚にワイ ンが置かれ、ワイン関連の本があるといった具合です。
同社の盛谷尚也常務によると、

「今までCDを買うような方が、書籍も買うというように、複合的に商品を買う傾向があった」

とし、それを具現化したのが、HMV&BOOKS TOKYOとなります💿

関連商材をまとめて売るために、売り場ごとにテーマがあるのも特徴です。
店内には「食」、小説やエッセイなどを揃え女性の生き方の秘訣が探れる「男と女」、
着こなしやお避けの飲み方など大人向けの「大人の趣味」、
新刊・新婦・話題作など旬な最新情報を提供する「A Day in the Life」などがあります。

何と売り場ごとに専任の発注担当者がおり、担当者が売り場を作り込むのだそう!
そうしたこだわりのある売り場に行くことで、思いがけない商品との出会いが生まれ、
来店者が売り場を見る楽しさを提供しています。

*■売り場は書店に近い*

売り場を実際に見ていくと、旧HMVの復活をイメージすると面くらうかもしれません。
店内の印象は、CDショップではなく、書店に近いからです📓

それは商材の構成比からもわかる。書籍が6割、CD・DVDが3割、雑貨・グッズが1割。
CDショップをイメージすると、主従が逆転しているように見えてしまうかもしれません。

その理由としては、音楽からではリーチできない商材でも、書籍ならリーチしやすいからだそう。
例えば、人工知能を扱ったいくつかの書籍の横に、「ターミ ネーター」のDVDが置かれます。
しかし、人工知能に関連したCDはなかなかありませんよね。
音楽よりも書籍のほうが商材のハブになりやすいと判断するのだそう。

・・なるほど!!!目から鱗です。笑

*■新しいエンタメとの出会い*

HMV&BOOKS TOKYOが目指すのは、商品との出会いだけではありません。
“新しいエンタメとの出会い”も店舗コンセプトとなります💡

店内には、各階ごとに50人、100人、150~200人収容のイベントスペースがあり、
作家やアーティストのトークショー、セミナー、ミニライブなどが毎日行われます。
その数は年間で1000回を予定しているのだとか!

更に、店内には、InterFMサテライトスタジオも併設され、
公開生放送やイベントと連動した公開録音を行うのだそうです📻

*■HMV&BOOKS TOKYOが握る未来*

より多くの人に来てもらい、集客態勢も整えたHMV&BOOKS TOKYO。
書籍を軸にし、商品を複合的に取扱い、数多くのイベントも開催するエンタメ複合店となります。
こうした新業態は消費者の関心を引けるのか・・
同社は2018年までに同種の店舗を10に増やす計画だが、その成否は同店が握ることになります🏬

更には、苦戦の続く出版業界・音楽業界にとっても、注目の的になることでしょう。
もしかしたら、業界にとっての業績回復のヒントになるのかもしれませんね。

私も今週末、時間の合間に早速足を運んでみたいと思います🙋

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る