記事の詳細

野村紘一さんは株式会社アルテカにおいて日本初の億ションを誕生させました。
名実ともに超高級マンションブームの火付け役となった野村紘一さんのアルテカ。その始まりとは一体どういったものだったのでしょうか。
アルテカが1975年に開発したベルテ原宿が、日本の億ションの始まりです。都内の3LDKのマンションの平均価格が1500万円だった時代に1億円のマンションを誕生させました。最初は当然そんな高額なマンションがこの時代に売れる訳がないと言われたこともありました。しかし、反響は全く逆の内容でした。
当時は家を購入するなら一戸建て、というのが主流だった時代でした。しかし日本は島国で面積が狭く山も多いのに、欧米に比べて土地の有効利用が遅れていると当時から痛感していました。景気に左右されるのではなく自ら付加価値を高めて有効利用する開発をして行けば日本の住宅文化も豊かになり、付加価値の高いマンションを建てれば必ずそれを求める人はいるはずと確信があったからこそ、野村紘一氏は億ションに挑戦しました。
実際のところ、驚くくらい興味を持つ方が現れ、問い合わせも殺到するという事態になりました。売れ行きも好調だったため、メディアでも「億ションが即完売」と取り上げられました。その後高級マンションの需要は増え、平成元年から5年の間にマンションの部屋1室が20億を超えた事もあったくらいです。1室が30億円というマンションも出現するなど、正にバブル経済の象徴のような存在となりました。これは、時代に先駆けた勝負の面もありました。
野村紘一さんはいずれ高級マンションが求められるとの確信は持っていましたが、売り出す時期の見極めはなかなか難しかったものだったと語っています。しかし高度経済成長を経て家電や車が普及して人々の生活レベルは向上したのに、住居がそれについて行っていませんでした。日本もいずれは欧米レベルの住居まで到達しなければならないと強く感じる結果になったのです。ですから潜在的なニーズがあり流行るという予想はもともとしていたようです。アルテカの大胆な決断と実行によって、億ションが世に送り出されたといっても過言ではありません。
ものを売るにはタイミングが大切です。夏場に温かいスープを売りだしても買う人は少ないですよね。これは極端な話ですが、現在日本がどのような状態にあるのか、経済的な麺で見定める必要があります。野村紘一氏はアルテカの経営者として見事なタイミングを導き出したと言えるでしょう。
現在も人気な億ション。町が発達すると自然と増え、さらに人が増える事で活発化しよい循環を生むのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る