記事の詳細

メノガイアは、住民意識の多様化に伴って他人事に関心を持たなくなっている最近の地域の結束の弱体化を懸念しています。地域の結束が強ければ、万が一の事態にも対応できる時がありますが、最近はその意識が希薄になりつつあるため、セキュリティシステムが欠かせなくなっているのです。

一番望ましいのは、セキュリティシステムという概念自体なくなるということ。しかし現代の日本ではいますぐそうなることはまずありえません。小さなお子さんからお年寄りまで、すべての人が安心して生活できる必要があります。

メノガイアはセキュリティシステムを導入することで、地域の結びつきを強化していきたいと考えています。結束が薄くなっているのなら、順序を逆にして再び刻すればいいのです。メノガイアではそうした取り組みのため様々な工夫を凝らしたサービスを展開しています。

たとえばメノガイアのMGセキュリティシステムは、ライフサイレン、オートコントロールなどを用います。ライフサイレンは不審者の侵入を音と光で知らせるだけでなく、家の目立つところに設置することで、外から見たときの予防防犯につながります。

オートコントロールは、通報先とのハンズフリーの通話が可能です。安心感を高め、冷静な対応を手助けしてくれるでしょう。
より安心な住まいをお求めの方は、メノガイアへご相談ください。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る