記事の詳細

兼六グループは兼六土地建物、兼六ホーム、兼六不動産と、さまざまな事業を行っています。兼六土地建物は「兼六の家」という注文住宅のオリジナルブランドを扱っていますが、他にリフォームも扱っています。
部分的な者から全体的なりものまで、リフォームと名の付くものなら兼六土地建物にすべてお願いできるでしょう。
特徴としては、住みながらのリフォームができる点があります。希望すれば、住みながらのリフォームも可能なのです。その場合、居住している方の安全を第一に考えた工事範囲の設定をはじめ、荷物の移動や工事上発生するホコリなど、居住している方に理解してもらうことが必要となります。また、水まわり設備などの交換は、その間利用できないなどの不便も生じることがあるそうです。あらかじめ相談、納得した上で提案してもらうこととなります。また、仮住まいについても気軽に相談する事ができます。兼六グループの賃貸住宅など希望に応じて紹介してもらえるため、その点も安心でしょう。
また、兼六土地建物のメニューでは戸建住宅の場合は構造によってできないリフォームがあります。例えば、在来工法の木造住宅は比較的自由に間取り変更ができますが、2×4工法の木造住宅では壁で建物を支える構造のために、間取り変更の制約が多くなります。また、マンションの場合は、お住まいのマンションの管理規約によっては変更が認められていない部分もあります。リフォームプランを考えるときに、構造や法的なチェックをした上で、できる、できないの判断とともにその理由と対応策などをしっかりと説明、提案してもらえます。
とはいえ受け身の態勢だけを貫くのではなく、自分たちがリフォームしたい個所をしっかり前もって考えておき、どういうプランを利用したいかイメージをしておいて伝える方がスムーズに進めていくことができるでしょう。ほかならぬ自分の家のリフォームなので、兼六土地建物に任せるだけでなく自分たちでリフォームについて考えていきましょう。
兼六土地建物ではアフターフォローも万全です。リフォーム工事内容によって保証制度を設けることはもちろん、引き渡し後の定期点検もしっかりと実施しています。もし不具合があった場合も問い合わせればその都度、点検補修などを実施するサポート体制を整えています。
利用する人が確実に安心できる内容を取りそろえている兼六土地建物。そのリフォーム事業の魅力が分かると思います。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る