記事の詳細

ここ数年で不動産投資をする人が増えています。生活のゆとりや将来(老後)のためを考えて、家賃収入などを定期的に得る事で資産運用をしようと考える人が多いのです。
社会人になって働いて貯金する事で安心はできますが、現役を引退した後、より安心するために早い段階で不動産投資を行おうというのは理にかなっているでしょう。
株式会社ケリーバックスのように、不動産投資をサポートしてくれる会社が増えつつあるため、信頼のおける会社を探しノウハウを身につけ運営していくことで確かな利益に繋がります。
不動産投資のメリットとしては、以下のものが挙げられます。
安定した不労所得を得られる、高利回りが期待できる、相続・贈与税対策として有効である、保険の代わりになる、少額自己資金から始められる投資である、節税効果がある、私的年金の確保ができるなどです。
なんといっても、安定した不労所得を得られる事は魅力的です。生命保険の代わりになるというのは、不動産の購入資金を金融機関から融資を受ける場合は、団体信用生命保険に加入しなければならないのですが、万が一、ローンの返済期間中に死亡または高度障碍者となった場合、団体信用生命保険が適用されローンの残債は保険金から返済されます。
残されたご家族には、無借金のマンションを残し、毎月安定した家賃収入もあります。これが実質生命保険代わりとなるのです。
残される家族には保険のような役割も果たせるのは、数ある投資対象の中で、不動産投資の大きな特徴と言えるでしょう。
また、節税効果がある点も特徴的です。不動産投資では、給与所得とは別に、家賃収入を「不動産所得」として申告することが可能です。不動産経営での年間収支が計算上で赤字になった場合は、給与収入と損益通算をし、確定申告をすることによって納めすぎた「所得税」を還付させる事が出来ます。所得税の納税額をもとに算出する「住民税」も節税する事も可能です。
さらに老後のことを考えると、私的年金の確保ができます。日本の公的年金は、少子高齢化により財源不足だけではなく、厚生年金も負担する保険料額だけ増大していき、年金の受給額は減少傾向になります。また、受給年齢も引き上げされて、更に年金に対する不安が高まりました。
従って、今のうちから不動産投資を始めれば、賃料収入で長期的・安定的に資産形成していくことができます。退職後もゆとりあるセカンドライフを楽しむことが出来るでしょう。
以上のようなメリットがあるため、不動産投資は有効な投資の一つであるといえます。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る