記事の詳細

全研本社が取り組んでいる、「未来型」検索エンジン対策について紹介していこうと思います。ユーザーがどんな情報を得たいと思っているのか?」ということを第一に提案するように心がけて取り組んでいるようです。

◯SEOとは?
今や当たり前の用語として耳にすることが多いと思いますが、SEOとは検索エンジンの最適化(Search Engine Optimization)の事で、GoogleやYahooなどの検索エンジンでキーワード検索を行った際に画面の上位に表示させる施策のことです。上位ページに表示されるのと、下位ページに表示されるのではユーザーがクリックをしてサイトを訪問する確率が異なり、企業のホームページ運用において、大変重視されています。

ネットを使って調べ物をするのが、日常的になっている昨今では、私や読者様もSEO対策の効果
を受けています。先日東京で賃貸を探していた時に「東京 賃貸」とネットで検索をして、そのまま一番上に表示されていたSUUMOのホームページに入り、お問い合わせをしました。わざわざ2ページ目以降まで確認する必要も特にないと思ったので。上位に表示されていけば、このような形でお客様を獲得できるということですね。また、ネットでの広告の様に明らかな宣伝活動とわかりにくいのもSEO対策を行う上での大きな利点の一つです。

◯全研本社の検索エンジン対策
上記に記載したとおり、検索エンジン対策ではGoogleなどがどういったアルゴリズムで順位を確定しているのかを検証・分析をしなければなりません。
各SEO対策会社がその分析を行っているなか、全研本社も同様にPDCAを回しつつ、アルゴリズムの分析を行っているそうです。
検索エンジンのアルゴリズムはGoogleでもほんの一握りの人しか知らないという情報もございますので、
どれだけ仮説・理論を組み立てて実施、そして効果検証をしたかということがSEO対策会社の強みにそのまま繋がってくるのではないでしょうか?

○全研本社のSEO対策5つのステップ
1.マーケティング的な視点から効果の高いキーワードを選定
ビックキーワード(Google、Yahooの月間検索数が多い)での対策から、効果的なテールワードの発掘まで、キーワード市場や潜在顧客を囲い込めるワードの調査などを徹底的に実施。

2.戦場となるキーワードの競合状況を綿密に調査、分析
費用対効果を大前提とし、キーワードの選定を実施。
検索回数が大きいキーワードと言うのはつまり、どの会社もそのキーワードでホームページを上位表示させようと必死に対策を行います。
全研本社では、対策するキーワードの組み合わせの中でもお客様の利益に繋がるキーワードの選定を、
競合状況を調査・分析した上で行います。これにより、費用対効果の良い検索エンジン対策が可能になります。

3.検索エンジンの動向を先読みし、安定した未来型検索エンジン対策を実施
検索エンジンはどの様に変わっていくのか?など
歴史的背景や企業姿勢などから検索エンジンの向かう先を予測し、先回りをした対策を実践。

4.順位だけではない、ユーザー心理をとらえたコンテンツで集客アップ
サイトごとに目標となるユーザー行動を設定し、高確率での目標達成を目指す。

どれほど検索された際に上位表示されたとしても、お客様が設定したゴールまでユーザーがたどり着かなければ意味がありません。
まずは、そのサイト毎にユーザーにどの行動(販売、資料請求、問い合わせ、等)をさせたいのかをまず設定することが大切だそうです。
その上で、全研本社では、どのキーワードで検索をしたユーザーがゴールに到達する確率が高いのかなどの導線の設計を行っているそうです。

5.コンテンツ拡充を視野に入れた、内部対策とサイト企画
全研本社には数多くの自社ポータルサイトの企画から運営までを行った実績があり、顧客に対してもコンテンツの企画から提案いたします。

ただ単なる商品の情報の羅列ではなく、ホームページにやってきたユーザーが何を求め、興味を持つのかを調査し、最適なコンテンツの制作を行います。
全研本社は数多の情報ポータルサイトを制作、運用してきた経験をもとに、オフィシャルサイトだけでは対策ができない部分の相談にも乗っているそうです。

キーワードニーズに応えるための最適なコンテンツ制作や、オフィシャルサイトでは対策できないキーワードのためにポータルサイトを作成など、外部からのリンク評価を高めるだけに注力した検索エンジン対策とは違う独自のサービスを提供いたします。

○実施する目的
SEOサービスを導入する、あくまで企業の売上を向上させるということが最終のゴールです。そのために企業は検索エンジンからの評価だけでなく、より高確率でコンバージョンを獲得するための施策が必要になります。

〇SEO研修の要約
SEOとは・・・今やビジネスを行う上では常識となっていますが、SEOとはsearch engine optimizationの頭文字をとったもので、検索エンジン最適化のことをいいます。
自社のサイトを特定の検索ワードで検索したときに、上位表示させるためにサイトを工夫、改善することです。

冒頭でも記載致しましたが、どれだけ立派なホームページを作成したとしてもユーザーに認知されなければ意味はありません。
昨今のビジネス環境では一般消費者だけではなく、検索エンジンを使って取引先を探すという企業も少なくはなく、
SEOの需要は高まってきています。

ディレクトリ・・・ファイルを管理・整理するために設けられている階層のことです。
Wikiには「ファイルの入れ物」とも書かれています。
既にご存知の方も多いかもしれないですが、SEOを学ぶ上でもっとも重要な考え方のうちの一つです。

外部リンク・・・他のサイトからリンクを獲得するための対策のことです。
被リンクやバックリンクなど、様々な呼び方があります。

外部リンクをされているサイトは、第三者が見て利益があると判断されていると考えられるため、
Webサイトの価値を示す目印として Googleが重要視しています。

以前まではとにかくこの外部リンクを大量に作成すれば、検索結果の順位は上昇していたのですが、
昨今の検索エンジンの仕様ですと、外部リンク先の質が重視される傾向に有ります。

内部リンク・・・外部リンクとは、外部のサイトから自社のサイトにリンクできることですが、
内部リンクとは、自社のサイト内を行き交うよう設置する内部的なリンクのことをいいます。
Googleなどの検索エンジンはホームページを見て、ホームページがユーザーにとって見やすい構造になっているかを評価し、
その際に内部リンクが正しく、かつユーザーにとってわかりやすく設置されていれば、
検索エンジンからの評価が高まるという傾向もあるそうです。

タグ・・・HPはHTMLという言語でまとめられているが、
そのHTMLの中で、「<」「>」で囲んだタグを埋め込むことで、文字飾りや書式、他文書へのリンクや画像等、本文以外の情報を付加することができます。
タイトルタグ、ディスクリプションタグなど、様々なタグがあります。
このタグをうまく活用することで、検索エンジンが認識しやすくなりSEOにも効果があると言われています。

◯全研本社が取り組むのは、未来型の検索エンジン対策?
最近の検索エンジン対策は、小手先の被リンク購入や自作自演リンクが通用しなくなりつつあります。では検索エンジンは何を評価しているのでしょうか。こういったことを突き詰めていくと、サーチユーザーが何を求めているのかという基本的概念へとたどり着きます。

全研本社のSEOサービスでは、中長期目線で安心かつ安全を基本軸に、効果を追及、そして単に上位表示を実現するだけではないようです。
コンバージョンにつながるキーワード選定、コンテンツの提案、競合分析、上位行事施策など、あらゆる視点からの改善策を常に考え、サイトの内部や外部の両側面から未来の検索エンジン対策を追及し続けていきます。
それでは、具体的にどのようなステップを踏んでいくのかご紹介します。まずはマーケティング的な視点から、効果の高いキーワードを選定します。上位表示を達成しても、集客効果がなければ対策の意味がありません。ビッグキーワードでの対策から、効果的なテールワードの発掘まで、キーワードの市場や潜在顧客を囲い込めるワードの調査などを徹底的に行います。

また、検索エンジンの動向を先読みし、安定した未来型の検索エンジン対策を心がけているようです。
これは、検索エンジンの目指す先を常に考えておく必要があるからです。検索エンジンが一体どこに向かうのか。ソーシャルメディアはどのように変わっていくのかなど、歴史的背景や企業姿勢などから検索エンジンの向かう先を予測します。それにより、先回りした対策の実践が可能です。
さらに、コンテンツの拡充を視野に入れた、内部対策とサイト企画を行います。自社で数多くのポータルサイトを制作、運用してきた実績がある全研本社だからこそ可能なステップなのかもしれません。

通常のSEO会社とは違い、自社媒体として数多くのポータルサイトの上位表示、制作運用の実績があります。そのためサイト企画からコンテンツ設計まで、実践に基づいた提案が可能となっています。
キーワードのニーズにこたえるための最適なコンテンツ制作や、オフィシャルサイトでは対策できないキーワードのためにポータルサイトを作成するなど、外部からのリンク評価を高めるだけに注力した検索エンジン対策とはまた違う、独自の方向性を持っているところが強みと言えるでしょう。

SEO対策を行う際にはサイトの外部対策、つまりどのくらい他の外部のサイトとリンクで繋がっているか、という視点と、
内部対策、つまりサイトの中身がユーザーにとって見やすいものであるか、有益な情報を含んでいるかという視点が大切になってきています。これらはSEO対策を行うにあたっては常識であると言えるでしょう。

全研本社では上述のように自社でポータルサイトを構築、運営しているという実績が多分にあるので、サイトの構築からSEO対策を考慮したサービスを提供することができるでしょう。
検索順位で上位に表示されるということは非常に大きなインパクトを持っています。例えば、海外旅行を考えている人たちの殆どはまず、「海外旅行 おすすめ」などで検索を行うでしょう。私も「海外旅行 格安」、「海外旅行 ブログ」などで情報をまず集めます。やはり検索結果の1ページ目にあるサイトをまず見て、2ページ目のサイトを確認することはほとんど私の場合はありません。

昨今は情報社会と言われるくらい、一般の方々(私含め)は、ネットが無ければ日々の生活に不自由を感じる世の中になっています。全研本社が提供しているSEO対策サービスは多くの方に影響を与える事業なのではないでしょうか。

上記でも記載しているように、検索エンジンの行末を予測して、対策を行なっていることが大きなポイントです。
日々検索エンジンの動きは変化しており、どのようにこれから変化していくのかは世界でもほんのわずかな、一握りの人しかいないという話もありますので、過去の動向を研究して、予測していくということが何より必要となってくるでしょう。

SEO対策において、検索結果の上位に表示させるというのは、売上、コンバージョンを上げるための手段の一つであって、ゴールではありません。上位表示に成功し、以前より数多くの人がサイトを訪れたとしてもただサイトを見てお問い合わせや購入を行わなければ、なにも効果はないのでしょう。
全研本社では、上位表示を目指すだけではなく、どのような検索キーワードで上位表示を行えば、より高い確率でコンバージョンを獲得できるのか、という根底の部分から対策を始めます。

先程の例のように、「オーストラリアへの旅行を検討している人たちを自分たちのサイトに連れてきたい」という場合は、
単に「オーストラリア」で検索した際の上位表示を目指すのではなく、
「海外旅行 オーストラリア」「オーストラリア 格安」などを対策キーワードとして、SEO対策を進める必要があるかもしれませんよね。

こういったキーワードの選定から、対策を進められる点が全研本社の特徴なのではないでしょうか。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る