記事の詳細

重光宣浩が紹介するWeb解説コラムです。Webの仕事とは?という深いテーマについて記事を書いてみたいと思います。Webの仕事といっても、デザインを専門にしている人もいれば、私のようにマーケティングを専門にしている人もいます。デザインを考える人は、いわゆるデザイナーと呼ばれている人ですので、私の仕事内容とは全く違ったものです。私は企業のプロモーションを手助けする立場にありますので、幅広くWebのツールをご紹介するのと、どのように活用していけばよいかという部分を指南するという仕事です。デザイナーとしてのスキルやシステム開発の知識が求められるかというと、そうではありません。私の場合は、そういった技術をもっている人と組んで仕事をすることが多いです。

仕事は様々ですが、このWeb業界に共通しているのは「情報」の取り方だと思います。Web業界は非常に流れが早い業界ですので、常に最新の情報を取り入れる意識を持っていなければいけません。そして、情報を読むだけではなく実際に使ってみることが非常に重要です。そうしないと、実際に使用したときのメリットやデメリットは分からないものです。それを使ってみて初めて他の人にも紹介ができるようになります。私の場合は、必ず一度試してみて、それからクライアントに提供するようにしています。実際に使用すると色々な発見がありますので、そういったニッチな情報を提供できるという理由もあります。

また、Webは無料であることも一つの特徴です。FacebookやTwitterに登録するのは無料ですし、新聞をとらなくても最新のニュースを無料で受け取ることができます。無料というのは企業にとってもメリットが大きいはずです。広告にかける費用がかからないわけですから、費用対効果も良いです。

Webの特徴が分かるようなサービスを一つ紹介しておきたいと思います。自宅にいながら仕事をもらえるサイト、クラウドソーシングというサービスが流行しているのをご存知でしょうか。企業がサイト上に仕事を出して、一般の人が業務を請け負うという形態のサイトです。Webの仕事だけではないと思いますが、デザインやページ制作など、自宅でPC一つあればできる仕事が多いのが特徴です。

さて、思いつくままにWebの特徴を紹介してきましたが、まずはWebに触れてみて自分で使ってみることを強くおすすめします。Webが好きになれなければ、この仕事を継続していくことはできないと思います。

この仕事を継続していくためには、常にWebの情報を取りに行って、自分で使ってみるという姿勢が非常に重要です。これをやることが苦痛になってしまうようであれば、長続きはしませんので、まずはWebを自分なりにでも使ってみて楽しさを覚えましょう。

私がおすすめするのはブログです。ブログを定期的に更新していくだけでも色んな発見がはるはずです。できれば、専門性の高いブログを作成してみると良いでしょう。何かターゲットキーワードを決めて、日々の順位推移をみながらブログを運用するとおもしろいかもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る