記事の詳細

まだ残暑が続く季節と思いきや、意外と全国的に涼しさに見舞われ面喰っている人も多いと思います。堤修二郎もその一人です。しかしこの季節こそ健康に気をつけて、次の季節に備えるべきです。今のうちから体力づくりをしておき、季節の変わり目特有の風邪や気だるさに負けないようにしましょう。
季節の変わり目にしたい事は3つあります。1つは、毎日の天気予報をチェックすること。無意識のうちにやっている人も多いと思いますが、実はけっこう大切なことです。
雨が降るようなら傘を持っていく…ということを考えるために見るのもそうなのですが、注目してほしいのは気温です。季節の変わり目は気温の差が激しくなり、少しの温度で着るものを変える必要が出てきます。
薄着をしたら寒かった、厚着をしたら暑かったという事はよくあると思いますが、一日くらい平気だろうと思っていると、思わぬ体調不良に見舞われることがあります。
外に来ていく服を考えるだけでなく、家にいるときの体温調節も大切です。寒いと感じたら温かいものを食べて体の芯から温めましょう。暑ければ冷房をつけたり風邪を贈ったりして涼しく過ごすことも大事です。気温の変化が激しい季節こそ注意していけば健康的に過ごすことができます。
2つ目は、ストレスなく過ごすことです。人間何かしら、どこかでストレスを感じています。それは学生も社会人も同じ事です。内容は違えど心に負担がかかる事は健康を損なう事に直結するので、できるだけストレスは定期的に発散するようにしましょう。
ストレスの発散法がわからない、ということをよく聞きますが、端的に言うと自分の好きな事をすればそれだけでストレス発散になります。
何か趣味があればそれをするでも良いですし、誰かに話を聞いてもらうだけでも軽くなる事はあります。休みの日に長い時間寝てしまうというのも一つです。自分が何をすればストレス発散できるのかをあらかじめ知っておくといいでしょう。
3つ目は、体を動かすことです。スポーツをしているという人はそれでいいのですが、忙しく過ごしている人は運動不足になっている場合が多いです。体を動かす事で適度な疲労感を与え、睡眠の質を上げるなどの効果があります。もちろんダイエットにもつながりますし、気分転換にもなるでしょう。
筋トレなどの控えめなもので十分なので、少し涼しくなって過ごしやすい今こそ運動を生活の一部に取り入れてはどうでしょうか。
以上3つを紹介しました。体調を崩しやすい今の季節こそこれらの取り組みを行い、健康に気を使っていくべきだと思います。堤修二郎でした。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る