記事の詳細

伊藤英子です。皆さんは、未来設計していますか?
大まかにでも良いので、一年後、二年後と将来のことを考えておいてスマートな生活を送るようにしましょう。
未来設計をしたけれど思い通りに運べなかった、ということもあると思います。しかし、人の人生程どうなるかわからないものもありません。最初から「絶対にこうなる」と決め付けずに大きな目標を立てることが大切です。
スマートな生活とは何かを考えた時、人によっていろいろなイメージがわくと思います。
よく働きよく稼ぐこと、綺麗な部屋に住み続けること、悩みもなく好きな事をすること等、一人一人スマートな生活から連想する事は違うはずです。
その人に最も合っていて、満足できる生活。それがスマートな生活だと思います。
たとえば伊藤英子は未来設計として、自分の家を建てるという大きな目標を持っています。
住宅は生活の拠点となるため絶対に必要です。その家を借り続けるのか、購入するのかというところで一つの人生の分岐になるでしょう。
小さいころからマイホームを建てることが憧れだった伊藤英子にとって、家の購入がもたらす意味はとても大きいです。達成した時は大きな満足感を得られるでしょう。
未来設計は決して正解があるものではなく、その人独自の道を貫くことだと考えています。
少しずつでいいので未来設計の事を考え、少しでも将来の自分がスマートに生活できるよう取り組みを始めてみてはどうでしょうか。
決して意味のないものにはならないと思います。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る