記事の詳細

 パリに憧れる日本人は多いと思います。イブ・サン・ローラン、クロエ、ロエベ、その他多くのブランドがパリから生まれています。日本人の中でフランスに旅行に行く際、観光よりもショッピングの方が楽しみという方は少なくないでしょう。それほど、フランスに憧れを抱いている方がいます。
 しかしながら、当のフランス人はどうなのでしょうか。フランス人大学生の写真を見ると、多くの方がTシャツにジーパンといったカジュアルな服装。自国発のブランドが数多くある中であまりファッションにこだわっていないように見受けられます。それどころか10着前後の服で毎日着まわしているという噂もあります。
 もしや、フランス人はケチなのか?そんな疑問が生まれますが、『お金がなくても平気なフランス人 お金があっても不安な日本人』(吉村葉子著)では、フランス人がケチではなく「シマリ屋」いう呼び方をしています。無駄なものは増やさずに、あるものを大事に使う。服だけではなく、食べ物についても同様です。お肉を焼いたあとの肉汁すら、素晴らしいソースに早変わりさせてしまう。それも手間を掛けずに。子供のおやつには、見た目も可愛く美味しいケーキ。かと思いきや、バケットの間にチョコを挟んだパン・オ・ショコラのみ。お金も手間も掛からない簡単なおやつです。そして、それは友達の家に遊びに行くときも同様。百貨店で売っているような、包装紙で綺麗に包まれたお菓子を皆で持ち寄るかと思いきや、卵と牛乳と小麦粉と砂糖だけでパウンドケーキを作って型のまま持ち寄ります。日本では考えられないことです。
 私が感じるのは、フランス人は見た目で見栄を張らないんだなということ。日本人は、兎角人の目を気にします。「あいつはどこどこのブランドの服を着ている」「あそこの奥さんは良い家に住んでいる」など、とても見た目にこだわります。そしてそれが一種のステータスと思っている人もいます。高校生の頃、私の友人でもヴィトンの財布を持っていた友人がおり、これ見よがしに自慢してきていました。それに比べ、フランス人はきっと見た目よりも中身を重視する人が多いのではないかと思います。見た目を良くする時間やお金があるなら、中身を良くしようと。
 ヴィトンを自慢してきた友達の財布の中身が気になりながら、自分は中身を磨けるようにフランス人の良いところを真似したいなと思いました。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る