記事の詳細

梅雨空で冴えない天気ですが、気持ちは張り切って参りましょう!

さて、今回はgmailの便利な使い方についてご紹介したいと思います!

まずはショートカットキーです。
是非これを機にGmailのショートカットキーを覚えて、
単純作業ではなく創造する時間を捻出していきましょう!

まずは、Gmailでショートカットキーを有効にするための設定を行います。


Gmailを開き、画面右上にある歯車マークをクリックし、その中にある「設定」を選択します。
そして「全般」タブの「キーボード ショートカット」という項目で「キーボード ショートカット ON」にチェックを入れ、ページ下部にある「変更を保存」をクリックして設定は終了です。

ではいざ、実践!!!

■これだけは覚えておこう!【メール作成編】
c:新規メッセージ作成

Shift + c:新しいウィンドウで、新しいメッセージ作成

⌘ + Enter:メールを送信

⌘ + Shift + c : Cc の宛先を追加

⌘ + Shift + b : Bcc の宛先を追加

⌘ + s : 下書き保存

tab :[To]、[件名]、[本文]等でのカーソルを下に移動

Shift + tab :[To]、[件名]、[本文]等でのカーソルを上に移動

⌘ + b : 本文の選択したテキストを太文字にする

⌘ + i : 本文の選択したテキストを斜体にする

⌘ + u : 本文の選択したテキストに下線を引く

※Windowsの場合は⌘の変わりにCtrlになります。

■これだけは覚えておこう!【メールチェック編】
Enter:スレッドを開く(スレッド内では閉じているメールを開くことができます)

j:前のスレッドに移動
(Gmailを開いた画面でjをクリックすると青いカーソルが動き
スレッドを移動しているのが分かります。
こちらは各スレッドを開いた状態でも移動可能です)

k:新しいスレッドに移動

p:スレッド内で前のメールに移動

n:スレッド内で新しいメールに移動

a:全員に返信

Shift + u :未読にする

e:アーカイブ

f:転送

l:ラベルを付ける

g + i :受信トレイに戻る

Esc:入力欄からカーソルを移動

いかがでしたか?

一度に全てを覚えるのは大変かもしれませんが、使いこなせれば作業効率がグンとあがりますので、是非少しずつ覚えていきましょう。

「あのショートカットキーなんだっけ?」という時は、まずは下記ショートカットキーだけでも覚えておくと便利です!

Shift + ?:ショートカットキー一覧を表示する

参考:Gmail のキーボード ショートカット
https://support.google.com/mail/answer/6594?hl=ja

ショートカットキーの他にも、gmailには下記のように便利な検索方法などがあります!

■除外キーワードを指定する 「 – 」
“請求”を含み、”TODO”を含まないメールの検索が可能
例:「請求 -TODO」

■特定のフレーズを検索する 「 ” ” 」
「依頼 業務」で検索すると”依頼”と”業務”を含むメールが全てヒットします。
ところが、「”依頼 業務”」とダブルクオーテーションで括ると、「依頼 業務」というフレーズのみがヒットするのです!!

上記のショートカットキーや検索術、更には★をつけたり、ラベルやフィルタやアーカイブなどを駆使して、より快適なメールライフ(?)を楽しみましょう!

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る