記事の詳細

以前は独立型のキッチンがメジャーでどの物件もキッチンとリビングの間には壁があるスタイルが主流でしたが、最近リフォームのご要望としてメノガイアへのお問い合わせが多いのが、キッチンとリビングの間の壁を取りたいというご要望です。
キッチンが独立型になってしまっていることで、部屋の様子を見ることができず、料理をしているときに孤独になってしまうこと。また、キッチンが閉鎖的な空間になってしまうため、狭さを感じるうえに、熱がこもってしまい料理をする環境としてあまりよくないことを理由に挙げる人が多いようです。
今の新築のマンションや一軒家ではアイランドキッチンといってリビングとの境目がなく、島のように部屋の中にキッチンを置くタイプか、カウンターキッチンといって、キッチン自体は部屋の壁に向かって作業をすることが多いものの、リビングとの壁はなく、背丈の低いカウンターを設置して部屋との一体感を得る形でキッチンを配置しているものがほとんどです。リフォーム内容もほぼこの2点へのリフォームを検討される方が多く、費用や使用感によってこの2パターンのどちらを取るかを検討されています。

キッチンは女性にとって、戦場でありながらも、一日の中で長い時間立っている場所でありますので、キッチンが快適になって、家族との会話も増えるような空間に変わると、料理も楽しくなり、豊かな食生活が叶うかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る