記事の詳細

日本教育フォーラムでは、独自の教育方式である「フォーラム方式」を交え、生徒への学習指導を行います。

 

フォーラム方式は、個別指導と映像授業、さらに担任サポートという独自カリキュラムに基づき行われています。また、現役医学部生による個別指導も行われています。

 

日本教育フォーラムでは、なんと名古屋大学を始め、名古屋市立大学の医学部生が講師として指導をしています。学習指導はもちろん生徒一人一人に合わせたものを作成し、提案。担任講師が、決まった曜日に溶剤の進捗確認や、学校での状況をチェックしています。質問の対応も医学部生が担当しています。多くの人から意見や考え方を聞くことができるでしょう。

 

また、日本教育フォーラムの映像授業にも出演している人気講師が、夏や冬に実際にフォーラムに来て講習会を開催しています。生の授業は映像で見るのとはまた違った迫力があります。各講師陣の熱意あふれる講義はためになること間違いないでしょう。毎回数多くの生徒が参加しています。

 

この講習会は誰でも参加することができるため、会員になっていない方も気軽に参加が可能です。

体験授業の申し込みはネット上から簡単に行えます。もちろん資料請求も可能です。急ぎの場合は電話からでもできるため、興味がわけばすぐに相談することが可能です。

 

「フォーラム」という言葉を聞くと(http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kyousei/fukuikyouikuforamu.html)などの広いホールでの講義を想像しますが、もともとフォーラムという言葉には「公開討論場」「裁判所」という意味があるそうです。

 

日本教育フォーラムのように、医学部の学生にこだわって講師を固めている学習塾は少ないですが、医学部の学生は難関な受験を通り抜けてきたため、正しい学習方法を知っています。それらをさらに多くの受験生たちに伝授するため、日々教鞭を奮っています。

 

映像教材、独自のカリキュラム、学習方式と、優れた環境が整っている、日本教育フォーラム。

自分の進学先を考えている生徒さんはもちろん、お子さんの受験を考えている保護者の方にも、ぜひ調べてほしい学習塾です。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る