記事の詳細

日本にリサイクルショップが誕生したのが1970年代のことと言われています。それから50年弱業界としては若い業界です。ただ、バブル期に大量生産・大量消費を行っていく中でオイルショックが起き、日本国民の中にモノを大事にする気持ち、無駄遣いを禁じ再利用を推し進めようという思いから、リサイクル運動やお店が急成長し一大ビジネスとなりました。

1991年にリサイクルショップが急増する背景となった「再生資源の利用の促進に関する法律」が施行され、国民の意識も再利用に対してポジティブにとらえる人が増えたことで市場は常に成長曲線であると言われています。

 

また、ここ数年で実店舗を持たないネット上でのフリマアプリやリサイクルを促すアプリが続々と登場しており、若者の中ではこういったアプリを使って不用品や着なくなった洋服は次にほしい人へリユースするという流れが当たり前の化してきています。

 

ただ、こういったアプリの中でも難しいのが大きな家電や家具などのリサイクルや骨董品や貴金属など正しい価値の判断が素人には難しいアイテムです。こういったものは株式会社徳であればすべて解決できます。しっかりとした知識豊富な鑑定士が一点一点丁寧に査定をさせていただきますし、大きな不用品に関しても訪問での買取をいたしますので、大変な思いをせずにリサイクルに出すことができます。

また、ほしい人が出てくるまで家に置いておく必要もなく、不要なものを一斉に買い取り引き取ってくれるのは何よりありがたいことです。資源・自然にだけでなく、あなたにとってもメリットの多い株式会社徳の訪問買取、是非試してみてほしいです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る