記事の詳細

徳真会グループはさまざまなこだわりを持つ企業です。独自のスタイルを持ち、両立する事で常に最先端を行く企業でもあります。
徳真会は患者のベネフィットを第一に考え、歯科医療サービスの向上のため、様々な取り組みを行っています。
例えば、患者さまのご都合に合わせた通院を可能にする診療受付時間の設定や往診用の車両の導入、グループ内での患者さま情報の共有により、もし患者さまが出先で急な症状変化が起きても、グループのクリニックならどこでも受診が可能なシステムを整備しています。
中でも安心・安全への取り組みはこだわりが感じられます。
たとえばCTスキャンの3D化された写真を用いて通常のレントゲン撮影より精密に、断層的にお口周りの撮影を行います。インプラントなどの難しい治療で、骨の状態などより詳しく検査することができるため、患者へ最良の診断と、より安心、安全な治療計画を提案することが可能となりました。
また、設備が完備されたオペ室で、安心して最先端のインプラントオペを受けることが可能となっています。ファイバースコープを導入し、より難しい症例の処置を行うことができます。外科室のオペ状況が、オペライトに内蔵されたカメラを通して研修室からも見ることができ、大学病院からの有名講師に来てもらい、技術向上研修を定期的に行っています。オペ後は回復室でひと休みすることも可能です。
また、標準予防対策(スタンダードプリコーション)に基づいた、感染管理を行っております。患者とスタッフを感染から守るため、デンタルクリニックでは日本で初めて大規模に不潔域と清潔域を分けて、徹底した感染管理を行っています。
高度なレベルの消毒・滅菌機器を導入し、消毒滅菌処理を行い、患者一人一人安心の機器を用いて診療を提供しています。
さらに徳真会グループで使用する補綴物(かぶせもの、つめもの、入れ歯、インプラントなどの人工物)は、全てワールドラボ(徳真会グループ歯科技工セクション)で歯科技工士スタッフが製作しており、歯科材料や金属類は日本の薬事法の許可を受けた高品質で安心、安全な材料を使用しています。
ワールドラボは日本・アメリカ・中国に拠点があり、日本国内の補綴物は、厚生労働省の歯科技工士免許を持った日本人技工士が製作しています。そして一部、最高品質の補綴物をアメリカのUltimate Styles(徳真会グループの高付加価値な補綴物製作部門)から輸入しています。輸入をしている補綴物を含め、日本国内のクリニックで取り扱う補綴物はいずれも資格を有する日本人歯科技工士が製作しているため安心して利用できるでしょう。
以上のような安心・安全へのこだわりがあるため、徳真会は多くの人に支持・信頼されています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る