記事の詳細

ライジングブルの推奨銘柄の特徴は、その都度、厳選に厳選を重ね「今、買いたい銘柄」に限定している点です。その点、単なるレポートのためのレポートではなく、購入を促すためのレポートになっています。それを売買シミュレーションで実際に、お客様の目線で購入をシミューレーションし、その後「いつ売却するのか?」「上昇しても保有し続けてよいのか?」「万が一下がった場合はどうするのか?」「ほかに良い銘柄が出た場合はどうすればよいのか?」などに応えられる内容となっています。
ライジングブルでは、株によって異なりますが、数ヶ月~1年で1.5倍~3倍を目指して情報を提供しています。相場の環境によりますが、10%程度の上昇で終わるのではなく、30%上昇、50%上昇、2倍へと資金が育っていくような銘柄だけを厳選して提供しております。購入したその日から上昇していくことを目指しており、実際にライジングブルが提供してからすぐに上昇していくケースは後を絶ちません。それはライジングブルが推奨銘柄にすると、あっという間に購入する人たちが増えることが多いのです。その後、しばらくして落ち着いてから本格的な上昇へ入っていくのが典型的なライジングブル戦略銘柄の上昇パターンです。
ライジングブルの推奨銘柄の特徴は、その都度、厳選に厳選を重ね「今、買いたい銘柄」に限定している点です。その点、単なるレポートのためのレポートではなく、購入を促すためのレポートになっています。それを売買シミュレーションで実際に、お客様の目線で購入をシミューレーションし、その後「いつ売却するのか?」「上昇しても保有し続けてよいのか?」「万が一下がった場合はどうするのか?」「ほかに良い銘柄が出た場合はどうすればよいのか?」などに応えられる内容となっています。
なぜ中国株に着目するか説明します。日本や米国・欧は既に市場が成熟しており、ある程度、物やサービスはあふれている状況です。その全体のマーケットの中でも時代によって成長する企業は競争を勝ち抜いて当然表れてきますが、かつてのように多くの企業が高成長を遂げるには、あまりにも需要・供給が過剰な状態にあります。
例えば、今では私たちがよく目にするファミレスやコンビニ、ユニクロのような店舗も高度成長という時代を経て、今があるのです。更に店舗を拡大する時は既に過ぎており、株式投資をするにもより高度な技術(チャート分析や競争力の分析など)が必要となってきます。また、長期投資には既に向かない状態にあります。本来であれば今、当たり前にあふれているこれらの企業に過去に投資できるのが一番賢いやり方ですが、それはタイムマシンでもない限り不可能です。
今、中国は過去の日本に投資できるようなタイミングです。人口は13億、面積は日本の26倍で規模の違いは一目瞭然です。この中国市場が抱える潜在的なパワーは計り知れません。ライジングブルで中国株に注目することで、新たな視野が広がると思います。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る