記事の詳細

最近仮想通貨を始めた松本雄大です。
今回はFXにおける仮想通貨をご紹介します。

FXでは新しい商品が登場しています。これまでは基本的に法定通貨しか取引ができませんでした。ドル円やユーロ円などの通貨ペアです。ところが、2017年には仮想通貨のFXも可能になりました。仮想通貨といってもさまざまな種類がありますが、レバレッジ取引ができるのはビットコインだけだったようです。2018年に入ってからDMMという会社が新しく仮想通貨取引所のサービスを開始し、そこではビットコイン以外の仮想通貨についてもレバレッジ取引ができるようになっています。今後は取引できる仮想通貨の種類が増えていくことでしょう。

新しいサービスというのは基本的にハイリスク・ハイリターンです。まだ法律などが十分に整備されておらず、利用者の数も少ないためにノウハウも蓄積されていません。そのため、法律的なリスクや、詐欺にあうリスクなどもあります。

投資には「まだだれも発見していない価値のあるものに対してお金を投げる」という側面があります。しかし、まだだれも発見していないものは、価値があるのかどうかがわかりません。自分で価値があると感じていても、多くの人が同じ意見を持つとは限らないのです。FXの新商品である仮想通貨についても、まだ実験途中の未完成品です。新しい法律ができて、取引所でトレードがされるようになったということは、ある程度は完成に近づいてきているということです。その意味では、現在投資をする対象としてはリスクが下がっていると言えます。

FXの新商品である仮想通貨は、値動きがとても激しいことが特徴です。レバレッジは低めの2倍~3倍程度にしておくのが無難でしょう。レバレッジ1倍でもロスカットをしてしまったという体験談も出ています。取引所によってはレバレッジが固定の5倍・10倍などとなっていることもありますが、リスクがとても高いということを理解した上で投資をしましょう。投資は失っても生活に影響がないという程度のお金でやるものです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る