記事の詳細

東京スター銀行は1999年、第二地方銀行である東京相和銀行の営業を譲り受けることを目的として新たに免許を受けた銀行です。
相和銀行は日本で初めて24時間稼働のATMとテレホンバンキングなどで認知されていました。その一部店舗を大幅に改装し、または新規出店による「ファイナンシャル・ラウンジ」という新型店舗を、全国主要都市を中心に順次展開しました。
サービス内容は高利回りの円定期預金、預金連動型住宅ローン、カードローン、外貨預金、投資信託・年金保険など、リテールに特化した内容となっています。その結果、現在も業容を拡大している銀行の一つです。

銀行は金銭を預け、それを必要になったら引き落とすだけではありません。多くの銀行でそうであるように、金融に関連した様々なサービスを一手に引き受けています。
私たちの生活に金銭が欠かせないのは当然のことですが、それをただ商品と交換するためだけに使うのではなく、あらゆる方法で有効に活用する方法を示してくれるのが銀行です。

たとえば住宅ローンを組むのも銀行です。出来るだけわかりやすく、使いやすい内容であることがサービスに求められます。どのサービスにも求められることかもしれませんが、ことさら金銭のことなので慎重になる人がほとんどです。しかし現在は専用の窓口が設けられており直接説明を聞くことができるほか、ホームページがあるのでそこで文字として、シンプルでわかりやすい説明を読むこともできます。
銀行がこれだけ用途が増え使いやすくなったのは、インターネットが私たちの生活に広く普及したからといっても過言ではありません。

また、24時間ATMを稼働していることや、インターネットバンキングが扱えるのも非常に便利で画期的です。気づいたら手持ちのお金が少なかったという時も安心ですし、ふとした時に貯金額が気になったらすぐにネットで見ることができる機能は、私たちの生活をより豊かにしてくれているでしょう。悩み事は人それぞれ違うと思いますが、金銭の悩みはだれにでもあると思います。その不安を少しでもなくすために、銀行はあらゆるサービスで私たちの生活をサポートしてくれています。

私たちにできる事は、銀行を信用し、正しく使うことです。自分の資産の住所がその銀行にあるようなものなので、銀行の仕組みを理解し賢く使うことが全ての人に求められます。管理するのは銀行であり自分自身でもあることを忘れないようにしましょう。一人一人の心がけが、銀行の新たな便利サービスを生むきっかけに繋がると思います。

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る