記事の詳細

今日は、「こんな会社最高!」、「こんな働き方してみたい!」と思った
様々な企業のユニークな取り組みについてご紹介したいと思います。

01. 「17時上がり」も「早退」も大歓迎!個人に合わせた勤務時間🕘

ニューヨークに本社のあるITコンサルティング会社の
ホワイトストラタスのCOO、ショーン・ボイド氏はこう言います。

「人生は変化していきます。大事なことは、従業員が一人一人に合った働き方ができて、
それを会社が把握できているということです。
例えば会社に入ったとき独身だった人が、何年か経って結婚すると、ライフスタイルは変わります。
それに合わせて、ワークスタイルも変わるかもしれない。
そんな変化を理解して、どう仕事をしやすい環境を与えられるかが会社の使命です」

労働時間は、連続でなくても細切れで構わない、という流れが徐々に出てきているのです。
しかし面白いのは、そのような会社でも、伝統的な9時-17 時のワークスタイルの人もいるということ。

子供を迎えに行くために早く仕事を切り上げるのも、9時-17時できっちり仕事をこなすのも、
どちらも立派な個人のライフスタイルということです。

02. 午後3時で退社できる! 誰もが納得する、その理由とは?

2012年、労働時間を朝9時から午後3時までに変えた会社があります。
「ZOZOTOWN」などを展開している、スタートトゥデイです。
6時間労働に踏み切ったのには、大きな理由がありました。

法律的に、日本の労働基準法では6時間以内の就業時間の場合、休憩を設けなくてもOK。
ところが6時間を超えると45分、8時間になると1時間の休憩が必要になる。
しかし、その分拘束時間は長くなってしまいます。
そこで、6時間連続して労働する分、午後3時の帰宅を実現させたというわけです。

これが発表された時、なんて素晴らしい取り組みなんだとおったまげたのを今でもよく覚えています。

03. 長時間労働でハードワークでも、従業員はハッピー🙌

労働時間を短くする会社がある一方、長時間労働でハードワークであることを公言している会社もあります。
FRASHアニメ制作をしている、日本企業のディー・エル・イーです。
日本人が世界の人よりも絶対的にクリエイティブかというと、そんなことはない。
では何をすれば日本は世界に勝てるのか。
日本人だからできることは意外に「ハードワークとチームワーク」なのではないか。
これがディー・エル・イーの考え方です。

ここで、重要なのは「やらされ感」があるかどうかです。
自分から楽しんでやっているハードワークと、会社から無理矢理言われてやっているハードワークでは、全く意味が違います。
業界で常に新しいことをやっているという思いや、唯一無二のサービスであるというプライドが、率先して仕事に向かう社員を作り出しているのかもしれません。

04. どに~ちょ?イエーイ?謎の言葉が語る企業の先進性📅

クラウド管理サービスを展開するSansanは、実に変わったネーミングの勤務制度を作っています。

例えば、在宅勤務制度の「イエーイ」や、平日と土日を振り替えて勤務できる「どに~ちょ」など。
ユニークなネーミングの制度ですが、ノリや受け狙いでやっているわけではありません。
つまらない制度名だったら誰も覚えないし、使わないから、このような名前にしているのです。
また、先進的な取り組みをしているIT企業だから始業時間も自由なのかと思いきや、
9時半が出社時間で遅刻は厳禁、というのも面白いところ。

05. どれだけ休暇を取ってもOK アンリミテッド・バケーション🌺🌴

エバーノートには休暇に関する驚くような制度があります。
アンリミテッド・バケーション。つまり、日数制限のない有給休暇です。

「休暇の時のストレスは何か。
今回は休暇を何日取ったから、あと何日残っている、
といったことを計算しながら休まないといけないことではないでしょうか。
そういう心配をしないで休暇が取れるよう、日数制限のない有給休暇制度を設けています」(エバーノート)

極論を言えば、365日だって休むことができる驚くべき制度ですが、もちろんそんなことをする社員はいません。
信頼と性善説に基づいて作られているのです。
社員を色々と縛ろうとするのは、実は社員を信頼していないことの裏返しとも言えます。

それにしても期限のない休暇制度なんて凄すぎますね。
365日休んじゃいそうです。給与の仕組みが知りたいですね・・

世の中にはこのようにユニークな働き方を推奨している会社が沢山あります。
自分の会社だけでなく、もっと視野を広げて色んな会社の独自のルールを知ると面白いかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る