記事の詳細

今日は、下記の経営哲学を持つ会社についてご紹介したいと思います。
皆さんはどの会社か想像がつきますか?

*(1)判断・決断のよりどころとなる企業理念がある
(2)顧客第一主義を貫いている
(3)イノベーションを追求している
(4)自社の身の丈を知り、分を超えたことはしない
(5)謙虚さを忘れずに質素にする
(6)人を尊重し、コミュニケーションを大切にする
(7)部下を人として大切に扱う
(8)協調精神を重視する
(9)すべてに対し、私心なく正直に対応する
(10)利益至上主義を慎み、適正価格を維持する
(11)ブランドや信用を大切にする
(12)創業精神を大切にする*

・・・その答えは、世界最古の企業である*金剛組*です!🏯
http://www.kongogumi.co.jp/

この会社、誕生はなんと578年で、実に1400年以上の長い歳月を生き抜いてきたのです。
長老の企業ですね。

創業者の金剛重光は、聖徳太子の命を受けて百済から招かれた3人の工匠の1人であり、四天王寺や法隆寺の建設に携わったと言います。

宮大工集団として社寺の普請に関わっていた金剛組は、2005年に高松建設(現・高松コンストラクショングループ)の傘下に入りましたが、金剛組のブランドは連綿と続いています。

前述の12項目は、金剛組の「職家心得之事」という16カ条から成る社訓から、12カ条を現代語で分かりやすくしたものです。
(他の4カ条は内容的に重なるため割愛)

*■現代でも通用する金剛組の経営哲学*

この12カ条をじっくり読んでみると、全ての項目が、そっくりそのまま今でも通用するということに気付きます。

松尾芭蕉の言葉に*「不易流行」*というものがあるのをご存知ですか?
「流行」とは、ファッションという意味であり、一時的な流行りのことです。
経営の世界にも、様々な流行語があり、挙げればキリがありません。
一方、「不易」というのはコンスタントという意味であり、時代が変わっても変わらないもののことを言います。

経営学者のピーター・ドラッカーは、1954年に出版した『現代の経営』の中で、

「経営とは顧客創造である。顧客創造とはマーケティングとイノベーションである」

と喝破しています。この言葉も、今日の経営に見事に通用するものです。

経営には、いつの時代にも当てはまる、時代を超越した不易があるということなのです。
経営者は、流行に闇雲に飛びついたり、溺れてはいけません。
適宜取り入れるのはいいですが、流行を追うあまり、不易という経営の原理原則を忘れてはいけないのです。

「Win- Win」や「CSR(企業の社会的責任)」など、
海外発の耳触りのいい言葉がありますが、これらは金剛組が1400年以上前から唱えている経営哲学と合致しています。
CSRとは、近江商人の座右の銘である、
*「売り手よし、買い手よし、世間よし」*の*「三方よし」*と同じ意味です。
CSRの本家本元は、アメリカではなく日本なのですね!

長生きするための原理原則である不易をおろそかにしながら、海外から輸入した経営の手法や技法に飛びついても、会社は良くなりません。
短期的な成果には結びつくかもしれないが、持続的成長は叶わないでしょう。

現代の会社も、金剛組の経営哲学をもう一度吟味して、不易に立ち戻ることが大事なのではないでしょうか。
そして、不易と流行を上手に混合することが重要だと感じさせられます。
勝ち残る会社というのは、正しい混合ができる金剛組タイプなのですね。
この先、10年、50年、100年後の会社の未来が楽しみです!

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る