記事の詳細

何という暑さなんでしょう…灼熱ですか…
新潟は昨日38℃くらいまで気温が上がった所があったそうです…
都内も朝から25℃を越えたり今年初の熱帯夜を迎えたそうなので皆さん室内にいても熱中症には十分気を付けましょう!

そんな暑い今日は、12分でやる気を出す方法をご紹介したいと思います!
毎日仕事をしているけど、どうしてもやる気が出ない…
時にはそんな日もありますよね?ないですか??

やる気のない状態はミスが起こりやすいです。

「仕事に飽きた~なんにもしたくないよ~ぷ~ん」

そんな心境に陥った時、「まぁこんなもんでいっか!」と手を抜いて仕事をし始めていませんか?
手を抜くとミスが起こりやすくなり、そのミスを修正するので仕事は二度手間になってしまいます。

最終的には、「もうやりたくないな~」と、更にやる気がなくなる負のスパイラルに入り込んでしまいます。

そこですることは、

「何をやるか決める」→「10分間仕事をする」

そう!これだけです!

■最初の2分間で何をやるか決める
最初の2分で「これからの10分間で何をやるか」を決めます。
「まとめなくてはいけない資料の一部分に手を付ける」でも良いし、「掛けなくてはいけない電話を掛ける」でも構いません。

ポイントは「10分」です。「10分で出来る仕事」を考えて下さい。

■3~12分間で決めた仕事をする
何をやるか決めたら、後の10分間は全力で仕事をします。
10分間だけです。10分過ぎたら全力を入れなくて良いです。
ただし、この10分間だけは一切妥協をしないで下さい。

資料をまとめるのであれば、会社の歴史に残るくらいの、非の打ちどころのないまとめあげ方をして下さい。
電話をかけるのなら、相手があなたの言葉に感動して涙で言葉が出ないくらいの話術を駆使して下さい。

大切なことは「10分間だけ全力投球で仕事をする」!これだけです。
「10分」やると、「10分以上」やる気が持続するのです!

■やる気の波に乗る
全力で仕事をすると、気が付くと10分を過ぎていることが多々あります。
この時がチャンスです!そのままやる気の波に乗り、継続して仕事をします。
この方法で、どうしてもやる気が出ない時を日々乗り越えることが出来ます。

人それぞれやる気のスイッチは違うと思いますが、自分自身のやる気のエンジンのかけ方を知っているだけで仕事がやりやすくなり、やる気のない時に多発していたミスも格段に減るのではないでしょうか。

自分をコントロール出来る方法を自身が知っていると、仕事がとてもやりやすくなりますよね!
皆さんもあれこれ試しながら、是非自分のやる気スイッチを探してみて下さい(^O^)

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る