記事の詳細

さて、今日は!
鼻毛カッターについてお話したいと思います!
皆さん鼻毛カッターって知ってましたか?
私はそもそもそんなものがこの世に存在することすら知りませんでした・・

今日は、そんな鼻毛カッターのマーケティングがちょっと面白かったのでご紹介したいと思います。

鼻毛って、情けなく悲しい存在ですよね。
改めて文字に表してみても、何とも言えない字面です。
髪の毛はないことにより悲しい思いをする場合があります。
眉毛も髭も、無下な扱いをされているとは思えません。
そのような中、鼻毛だけがこれほど不当に扱われるのは何故なのでしょうか?
あの微妙なカーブのせいでしょうか?

このように、負のイメージを持つものに関連する商品に対しては、購買意欲にも負の影響があるように思います。
鼻毛カッターも、購入するには多少なりとも抵抗があるのではないでしょうか。
しかしながら、鼻毛の未処理は、商談や恋愛に深刻な問題をもたらす場合もありますので、鼻毛カッターは非常に重要な商品といえます。
本来、多くの人がもっと積極的に購入を検討しても良いはずです。

このような、「ちょっとカッコ悪い」「買うのが恥ずかしい」といった要因により、購買意欲が湧きにくい、店頭で買いにくい商品に対しては、メーカー側は工夫が必要となります。

パナソニックの「ER-GN10」という商品は、価格1000円程度であるにも関わらず、創意工夫に満ちています。

まず、パッケージにおいては、これはパナソニックの商品に限りませんが、鼻毛カッターではなく「エチケットカッター」という表現になっています(笑)
コピーも「フェイスグルーミングがこれ1台で!」とあり、「顔の毛の処理」などの言葉を用いていません。
グルーミングは一般にはペットショップで犬などに対する被毛の手入れを指す場合が多いようです。
イメージを変える、もしくは和らげるために、カタカナは便利であると改めて感じますね。

更に、パッケージには「鼻」「眉毛」「髭」「耳」という4つの抽象化されたイラストが掲載されています。
形状などから判断すると主たる用途は鼻だと思うのですが(笑)、
それ以外にも使えるということを表現しています。
こうした鼻以外のイラストは、幅広い利便性の訴求に加え、鼻毛への注目を緩和させる “オトリ効果”を持っているのではないでしょうか。
つまり、消費者がレジで精算する際に、店員に対して

「鼻毛処理用としてじゃなくて、ヒゲの手入れのために購入するんだからね?!」

とアピールする気休めを与えてくれるように思えます。

また、デザインもスタイリッシュで、カラーも赤、黒、白の3色のバリエーションがあります。

他社の商品には、「iトリマー」という携帯音楽プレイヤーなどの電子機器を思わせるようなネーミング及びデザインの鼻毛カッターもあり、メーカー各社の苦労の跡が見受けられます。

購入するのが「とても恥ずかしい」商品のイメージを変化させることは極めて困難で、恐らくそうした商品の市場規模はそれほど大きくないと思います。
しかし、「ちょっと恥ずかしい」くらいの商品であれば、マーケティング的工夫などによりイメージチェンジ出来る可能性は高いのではないかと
このマーケティング戦法を知って感じました。

皆さんも、これを機に、堂々と鼻毛カッターを買いに行ってはいかがでしょうか!

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る